広重美術館 トップへ
NEWS


今月の企画展


魚づくし 鯉 (初代広重)
9月展
絵手本と広重
2016年9月2日(金)〜9月26日(月)

 江戸時代の狩野派の絵師たちは、師に与えられた粉本(絵のお手本)の模写を行うことによって画技を習得していたといいます。江戸中期には、描法を紹介する絵手本が次々と刊行され、狩野派に限らず、絵を志す者たちにとって絵手本から先人たちの絵を学ぶことが一般的になっていきました。
 広重もまた、絵手本を手がけています。魚や花の割り方(描き方)を図解したもの、名所風景の構図の見本、絵を描くときの心得…などが記され、広重がどのように絵に向き合っていたのかを垣間みることができます。
 一方、広重が絵を描くときに参考にしていた種本も存在します。広重は日本全国の風景を描いていますが、当時は実際に行くことができなかった場所も多くあったはずです。そういう場合は『東海道名所図会』『山水奇観』等の版本が参考にされていますが、そのまま真似るのではなく、視点や構図に工夫を加え、鮮やかな色彩で光と季節感を表現しているところに広重らしさが感じられます。
 絵手本や種本を通して、時代を超えて絵師から絵師へと画技や構図が受け継がれていく中で、広重は独自の発想でアレンジを加えることで人気絵師となりました。この度の展示では、手本と作品見比べて、その違いや広重の想いを感じていただけましたら幸いです。

2016年の展示スケジュールはこちら
その他の企画展




ひろまりプチマルシェ



日時/9月18日(日)19日(月・祝) 10:00〜16:00

広重美術館とひだまりハウスによるコラボイベント、第4弾。
秋、のんびりお茶しながら、手づくり体験を楽しむ…そんな2日間をお過ごしください。
ぜひ遊びに来てくださいね(^_^)/

また21日(水)夜には、天童が生んだギタリスト「山口岩男ライブ」を行います。
当日は、美術館前で楽市楽座“夜市”も同時開催されますので、どうぞお楽しみに!

施設の紹介


ミュージアムショップ 今月のおすすめ





書籍フェア
広重美術館ミュージアムショップでは
書籍フェアを開催中です!

刀女子には「変わり兜×刀装具」、
こけし女子には「こけしおりがみ」が
おススメ。

360°BOOKは、本を開くと
手の中に富士山が広がります。

ミュージアムショップの紹介


▲ページの先頭へ戻る