広重美術館 トップへ
NEWS

12月24日~31日は展示替えおよび年末休館です。
2020年は元日から開館いたします。
※1月1日~4日は短縮開館 10:00~16:00(入館は15:30まで)


今月の企画展


1月展
浮世絵にみる信仰のかたち
2020年1月1日(水)~1月26日(日)

 古くから人は自然とともに生きる中で、山や海、大地には神が宿ると考え、自然の力を畏れ、敬い、そして感謝しながら暮らしてきました。
 江戸時代になると、神や仏は庶民の間でもより身近な存在になり、街道が整備されて諸国との往来ができるようになってからは、伊勢神宮へのおかげ参りや観音巡礼に出かける「信仰の旅」の文化も発達しました。
 便利な道具などほとんどなかったこの時代、人々の暮らしは決して容易ではく、そのなかで子どもの健やかな成長、家内安全や五穀豊穣を願い、祈ることで信仰の心は培われました。当時行われた年中行事や人生の節目の儀式には、いま以上の多くの感謝と祈りが込められていたことでしょう。
 この度の展示では、江戸や諸国で行われてきた神社仏閣への参詣の様子、そして江戸時代に定められた百観音巡礼の縁起とご利益を説いた「観音巡礼記」を中心にご紹介いたします。
 新しい年のはじまりに、浮世絵を通して諸国の神社や仏閣をめぐり、美術館での初詣でをお楽しみください。


その他の企画展







お正月あそび体験コーナー
2020年1月1日(水)~1月26日(日)

 百人一首、かるた、すごろく、福笑い、羽子板、独楽まわし…
 伝統的な日本の正月あそびが自由に体験できます(入館料が必要です)

施設の紹介



▲ページの先頭へ戻る