広重美術館 トップへ
NEWS

現状を鑑み、2021年1月16日(土)~22日(金)まで臨時休館いたします。
ご予定のお客様にはご迷惑をお掛けすることとなりお詫び申し上げます。
23日(土)24日(日)は開館します。


新型コロナウイルス対策を実施しながら開館しています。
来館者の皆様には、マスクの着用、手指の消毒、検温、来館者カード記入などのご協力をお願いいたします。

また感染防止のため開館内容に一部変更がございます。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


・当面の間、開館時間は9:00~17:00(入館受付は16:30まで)とします。
・当面の間、展示解説は休止します



GoToトラベル地域共通クーポンが使えます!
入館料のお支払い、ミュージアムショップでのお買い物にご利用いただけます。


「やまがたの文化応援キャンペーン」実施中!!
対象:山形県民
キャンペーン期間:2021年3月21日まで(数量限定のため無くなり次第終了)
内容:入館・ショップでのお支払いが500円ごとに250円割引!



今月の企画展


1月展
浮世絵かるた

2021年1月1日(金)~1月31日(日)

 浮世絵はもともと江戸に住まう庶民たちが気軽に買い求め、楽しんだものです。それは、歌舞伎役者の横顔や最新のファッションに身を包んだ女性の姿であったり、四季折々のお出かけスポット・名所案内だったりと、日々の暮らしを彩る娯楽のひとつでした。
 しかし、月日は流れ、今を生きる私たちには、浮世絵に描かれているものが何を意味するのか、すぐにはわからないことも多くなってきています。“この人は何をしている?”“この作品はどうやって使う?”作品を見ていると、素朴なギモンがどんどん湧いてくるものです。
 2021年初回の展示は、五十音順のかるた形式で注目したいポイントを紹介しながら作品をみていきます。初代~三代広重の作品を通して、お正月などの年中行事の過ごし方、江戸での暮らしや、浮世絵の基礎、旅の様子などさまざまな要素をちりばめ、子どもから大人まで楽しみながら学べる企画展をめざしました。
 浮世絵は本来、気軽に楽しむもの。浮世絵はむずかしい、よく知らない、という方でもこの展示をきっかけに、遠かった江戸時代や浮世絵との距離が少しでも縮まり、身近なアートとして親しんでいただければ幸いです。どうぞ、ごゆっくりお楽しみください。


※2021年1月は上記の通り火・水曜で休館となります。

その他の企画展






施設の紹介



▲ページの先頭へ戻る