広重美術館 トップへ
NEWS

【臨時休館のお知らせ】(2020.10.22)
都合により、当面の間 臨時休館いたします。
再開の日程が決まりましたら、あらためてお知らせいたします。
お客様にはご迷惑をお掛けすることとなりお詫び申し上げます。
つきましては、GoToクーポン、文化芸術の秋キャンペーンは一旦休止といたします。



新型コロナウイルス対策を実施しながら開館しています。
来館者の皆様には、マスクの着用、手指の消毒、検温、来館者カード記入などのご協力をお願いいたします。


また感染防止のため開館内容に一部変更がございます。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

・当面の間、開館時間は9:00~17:00(入館受付は16:30まで)とします。
・当面の間、展示解説は休止します。




「文化芸術の秋キャンペーン」実施中!!
対象:全入館者
キャンペーン期間:2020年9月10日~11月30日
内容:①入館・ショップでのお支払いが500円ごとに250円割引!
    ②小・中・高・特別支援学校の児童、生徒は入館無料!
美術館の利用がほぼ半額になるとってもお得なキャンペーンです。
この機会にどうぞお出かけください。




今月の企画展

名所江戸百景 大はしあたけの夕立
10月展
浮世絵でめぐる諸国の旅

2020年10月2日(金)~10月26日(月)

  初代歌川広重(1797~1858)は、四季折々に移り変わる日本の風土、草花や愛らしい小動物、江戸庶民の暮らしと自然が融けあった風景などの作品を描き残しました。武士の子として生まれ、若くして家督を継いだのちに浮世絵師をを志した広重は、『東海道五拾三次之内』のヒットで人気を得て以降、多くの風景画を描き、今なお人々に愛されている浮世絵師の一人です。
 本展では、初代広重が残した多くの諸国名所の中から、晩年の大作『六十余州名所図会』『冨士三十六景』活気にあふれる江戸のまち、季節や年中行事にしたがって寺や神社を参詣したり、花見や川遊びシリーズを中心に、北は東北から南は九州まで、四季折々の諸国や江戸の名所絵を展示します。また、天童藩織田家の依頼によって描かれた肉筆画『天童広重』のひとつである「吉野之桜・龍田川之紅葉」も公開いたします。
 豊かで美しい日本の風景をご堪能いただくとともに、江戸の情趣を今に伝える浮世絵の世界をどうぞごゆっくりとご覧ください。


※開館時間を短縮しています 9:00~17:00(入館は16:30まで)

その他の企画展







施設の紹介



▲ページの先頭へ戻る