広重美術館 トップへ
NEWS

新型コロナウイルス対策を実施しながら開館しています。
来館者の皆様には、マスクの着用、手指の消毒、検温、来館者カード記入などのご協力をお願いいたします。


また感染防止のため開館内容に一部変更がございます。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

・当面の間、開館時間は9:00~17:00(入館受付は16:30まで)とします。
・当面の間、展示解説は休止します。




※受付にて「山形県民県内お出かけキャンペーン」のクーポンを販売中です(無くなり次第終了)


今月の企画展


7月展
夏 涼と青
2020年7月3日(金)~27日(月)

 私たちの暮らす日本には、四季折々に様々な表情をみせる素晴らしい自然があります。四方を海に囲まれ、河川や湖の多い風土のなかで、古来より人々は「水」に親しみ、絵画や詩歌、音楽などの芸術作品にその自然観や美意識を表現してきました。
 江戸時代後期に活躍した浮世絵師・歌川広重もまた、得意とした名所風景画のなかで清らかな水辺の風景を数多く描いています。広重の風景には、時代を超えて見る人をその地へと誘い、景観や生活の変わった現代の私たちにも、日本の美しさや懐かしさを思い出させてくれるような力があります。
 この度の展示では、いよいよやって来た暑い夏に「涼」を感じる浮世絵を初代広重の作品を中心にご紹介します。江戸の人々の暮らしや「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる鮮明なブルーで表現された水辺の風景の数々、夏になくてはならない実用品・団扇絵、そして妖怪や幽霊が登場する怪談の世界。さまざまなジャンルの浮世絵を通して、暑い夏を涼むひとときをお楽しみください。

※開館時間を短縮しています 9:00~17:00(入館は16:30まで)

その他の企画展





夏休みのワークショップ(予定)

7月23日(木)~8月16日(日)


会場を1階アートスペースに変更し、時間予約制での開催を検討しています。
詳細が決まりましたらお知らせいたします。
施設の紹介



▲ページの先頭へ戻る