広重美術館 トップへ
NEWS


今月の企画展


9・10月展
うきよえQ
【前期】2019年8月30日(金)~ 9月30日(月)
【後期】2019年10月4日(金)~10月28日(月)

  浮世絵はもともと江戸に住まう庶民たちが気軽に買い求め、楽しんだものです。それは、歌舞伎役者の横顔や最新のファッションに身を包んだ女性の姿であったり、四季折々のお出かけスポット・名所案内だったりと、日々の暮らしを豊かに過ごすためにつくられた娯楽のひとつでした。しかし、月日は流れ、日本の文化も人々の生き方も様変わりした現代、今を生きる私たちには浮世絵に描かれているものが何を意味するのか、すぐにはわからないことも多くなってきました。
“この人はどこへ行く?”“この作品はどうやって使う?”
 恒例となった展覧会「うきよえQ」では、様々なジャンルの浮世絵から出題されたクイズに答えながら作品をみていきます。江戸での暮らしや、浮世絵の基礎、旅の様子などの要素をちりばめ、浮世絵はむずかしい、よく知らないという方でも楽しめるような四択問題を用意しています。
 浮世絵は、生きている今を楽しんだ江戸庶民のエンターテイメント。このクイズをきっかけに、遠かった浮世絵や江戸時代との距離が少しでも縮まるきっかけになれば幸いです。
さあ、全問正解目指してレッツチャレンジ!心ゆくまでお楽しみください。


 ■休館日  毎週火曜日(10/22は開館)、10/2、3、23

その他の企画展








『矢作信雄木版画展〜慈恩寺十二神将と故郷の風景』

9月14日(土)~11月4日(月)

山形県河北町出身のイラストレーター・版画家の矢作信雄氏の個展を開催します。
この企画展では、本山慈恩寺(寒河江市)の十二神将像をテーマに制作された
12枚の大作をはじめ、日本各地の風景を描いた木版画を展示します。
施設の紹介



▲ページの先頭へ戻る