広重美術館 トップへ
NEWS


今月の企画展


6月展
広重 山河の美
2019年5月31日(金)~ 6月 24日(月)


 小さな島国である日本には、数えきれないほどの「山」が存在します。四季折々に変わりゆく山を眺め、山の恵みを味わい、山に祈る。昔も今も暮らしのそばに「山」がある人々は少なくないはずです。
 古来より人々は自然とともに生きるなかで、山や海、大地には神が宿ると考えてきました。自然への畏敬の念から山岳信仰が発達し、多くのの山には神社や寺院が築かれ、こうした信仰の地は現代にも受け継がれています。
 そして「山」といえば日本一の山、富士山。標高3776メートルの日本最高峰であるばかりでなく、その優麗で印象的な姿は古くから人々の心を捉えて離さず、歌枕や絵画の題材としても親しまれてきました。
 この度の展示では、江戸の名所のほか、諸国の風景も数多く描いた広重作品の中から『富士山』と『諸国の山々』をテーマに、二つの「富士三十六景」シリーズ、「六十余州名所図会」を中心とした錦絵をご覧いただきます。雄大で清々しい日本の山々をどうぞお楽しみください

その他の企画展








施設の紹介



▲ページの先頭へ戻る