広重美術館 トップへ
天童と広重

広重美術館のはじまり

 江戸時代後期、江戸詰の天童藩士や藩医の田野文仲と交遊のあった歌川広重(1797〜1858)。当時、天童織田藩は財政が苦しく、藩内外の裕福な商人や農民に献金を募ったり、借金をしていました。その御礼や返済の代わりとして江戸で有名な浮世絵師、広重に肉筆画を描いてもらいました。この一連の作品群が「天童広重」と呼ばれています。当時は200〜300幅くらい描かれたといわれていますが、現在天童市近郊で確認できる数はわずかとなってしまいました。こうした広重とのご縁にちなんで、生誕200年にあたる平成9年4月、湯のまち天童に広重美術館が誕生しました。



 
「吉野之桜(右) 龍田川之紅葉(左)」(天童広重)

清々しい自然とともに、いきいきと生きる人々の姿。
四季、天候、時刻、風土によって、さまざまな表情をみせる広重の風景画。
広重美術館では、作品保護のため毎月展示替えを行い、テーマをかえながら初代〜4代広重の作品をご紹介しています。



初代 歌川広重(1797〜1858)

寛政9年 (1797)   江戸八代洲河岸定火消屋敷に生まれる。
幼名 徳太郎。
文化8年 (1811)   この頃浮世絵師を志し、歌川豊広に入門。
文化9年 (1812)   師・豊広から広重の画号を許される。
天保4年 (1833)   「東海道五拾三次」(竹内孫八、鶴屋喜右衛門版)開版。好評を得る。以降、名所絵・街道絵はじめ数多くの作品を描く。
安政5年 (1858)   9月6日暁に没す。法名・顕功院徳翁立斎居士

辞世
「東路に(へ) 筆を残して旅の空
  西の御国の 名ところを見舞 」


▲ページの先頭へ戻る