広重美術館 トップへ
展示スケジュール



1月展
YAMAコレ3参加企画
東海道五十三次

12月31日(土)~1月29日(日)
広重といえば、やはり「東海道五十三次」。初代広重はその生涯で20種類以上もの東海道シリーズを描きました。この企画展では、さまざまなシリーズを通して、広重の代表作、東海道五十三次の魅力をお伝えします。
1月展

お正月遊び体験コーナー 12月31日(土)~1月29日(日)

2月展
広重の音
2月3日(金)~27日(月)
打ち寄せる波、突然の雨、しんしんと降る雪、人々の話し声、奏でる音色…。作品と向き合い、耳をすますと、絵のなかから音が聴こえてきます。広重の浮世絵に表現された「音」に注目します。
2月展

天童雛飾り「江戸・明治のお雛さま」 2月10日(金)~4月3日(月)

3月展
春 うらら
3月3日(金)~27日(月)
広重は、四季、時間、気候…によってさまざまに移りかわる日本の美しい風景を描いています。3月展では、桜をはじめとする春の花々を一同に集め、華やかに展示します。天童雛飾りとあわせて一足早い「春」をお楽しみください。
3月展


4月展
浮世絵のみかた
3月31日(金)~4月24日(月)
「浮世絵ってどんな絵のこと?」
「絵のなかの人は何をしている?」
浮世絵は、江戸の今を伝えるメディアです。なんとなく見ても楽しい浮世絵を、基礎からわかりやすく解説して、より多くの情報と楽しみ方をお伝えします。
4月展

天童 春のミュージアムめぐり 4月1日(土)~5月31日(水)

5月展6月展
開館20周年記念展
広重の画業~初代から五代まで

前期 4月28日(金)~5月29日(月)
後期 6月2日(金)~26日(月)
※前期・後期で作品入れ替え
おかげさまで広重美術館は開館20周年を迎えました。当館では初代~五代広重の作品を所蔵し、毎月さまざまなテーマで浮世絵を展示しています。この度の記念展では、「東海道五拾三次」「名所江戸百景」などの初代の代表作をはじめ、画風を受け継いだ二代の名所絵、明治を描いた三代の開化絵、そして二代に学んだ四代、昭和を生きた五代まで、代々の広重の作品をご紹介します。時代の流れとともに、五人の広重の画業をどうぞご覧ください。
5月展6月展


7・8月展
夏 納涼浮世絵
6月30日(金)~7月31日(月)
7月展では、暑い夏に「涼」を感じる浮世絵をご紹介します。鮮明なブルーで表現された水辺の風景、江戸っ子の夏の粋・団扇絵、そして妖怪や幽霊が登場する怪談の世界。ひんやり涼しげな作品をお楽しみください。
7月展

夏休みのワークショップ 7月中旬~8月上旬

8月展
ウキヨエ×クイズ
8月4日(金)~28日(月)
恒例となった、クイズに答えながら浮世絵を鑑賞する企画展「Q」。浮世絵の基礎や江戸の人々の暮らし、旅の様子などさまざまなジャンルから出題します。浮世絵は本来、気軽に楽しむもの。さあ、みんなでレッツチャレンジ!
8月展


9月展
絵師たちの競演
~三代豊国・国芳・初代広重

9月1日(金)~25日(月)
浮世絵の歴史上、初代広重が活躍した江戸後期は、歌川派と呼ばれる画派が人気を得た時代です。なかでも、同時期に活躍した三代豊国・国芳・初代広重は合作も多く幕末三人衆と呼ばれています。三人それぞれの魅力に迫ります。
9月展


10月展
秋 いろどり
9月29日(金)~10月30日(月)
広重作品に描かれた四季折々の美しい風景のなかから、10月展では、秋の「紅葉」をご紹介します。また、あわせて浮世絵の色にも注目します。山々が彩られる季節に、色鮮やかな錦絵の世界をご覧ください。
10月展


11月展
開館20周年記念展
天童広重

11月3日(金)~27日(月)
開館20周年を記念し、ここ天童に当館が誕生するきっかけともなった作品「天童広重」をゆかりの地に一堂にあつめた展覧会を開催します。円熟期に描かれた格調高い肉筆画の数々をどうぞご覧ください。
11月展


12月展
江戸の旅 ~隷書東海道
12月1日(金)~25日(月)
20種以上の東海道シリーズを手掛けた広重作品のなかから、画題が隷書体であることから名付けられた『隷書東海道』を紹介します。宿場ごとの名物や名産品、旅の心得などを交えながら、江戸の旅をお楽しみください。
12月展



※休館日や展示スケジュールは都合により変更になる場合がございます


▲ページの先頭へ戻る